ベストプラクティス

ベストプラクティスとは、最も安全で効果的なケアを提供するための手段です。

ベスト・プラクティスの基準と手順を実施することで、患者とスタッフの安全を確保します。


自動高レベル消毒(HLD)

自動化によってヒューマンエラーのリスクが軽減され、医療従事者と施設の双方が、患者様に最高水準のケアを提供しているという確信を持つことができます。

「目的は、既存の衛生基準を超音波プローブの消毒のための実用的な自動化されたソリューションに置き換え、超音波プローブの再処理に新しい基準を設定することです。消毒プロセスを自動化することで、「人為的要因」に基づくリスクを回避し、再現性のある、安全かつ微生物学的に効果的な再処理結果が得られます」
シャリテ・ベルリン医科大学 The Interdisciplinary Ultrasound Center
教育研究コーディネーター
Markus Lerchbaumer 医師

ガイドラインの遵守

ガイドラインは不可欠であり、医療従事者が患者を感染から守るためのベストプラクティスを適用するよう設計されています。マニュアルの再処理方法は通常数多くの手順があり、コンプライアンスの確保はオペレーターに委ねられています。その手順のすべてまたは一部を自動化することで、人為的なエラーやスタッフの決定事項を最小限に抑え、ワークフローが合理的になり、ガイドラインの遵守も向上します。

内視鏡の再処理に影響を与える人的要因に関する研究では、手動の洗浄方法を使用した場合、ガイドラインの遵守率はわずか1.4%でした。しかし、半自動の洗浄機を使用した場合、コンプライアンスは75.4%に向上しました1。

自動化によりコンプライアンスが容易になり、ベストプラクティスを満たすことができます。


バリデーション

自動化された装置は、重要なパラメータ(接触時間、温度、濃度など)が制御され、プローブヘッドとハンドルのすべての表面が消毒されていることを保証します

マニュアルによる消毒では、同じ品質保証は得られません。マニュアルの低水準消毒(LLD)では最低限の殺菌効果が期待されますが、LLDではプローブから細菌を除去できないという研究結果の報告が相次いでいます2-4。

高水準消毒装置trophon® を使用した HLD は、毎回体系的に細菌を排除し、マニュアルの方法よりも優れていることが示されています。2,4

自動化された方法にはトレーサビリティも組み込まれており、超音波プローブが使用前に適切に消毒されている証拠が文書化されます。


トレーサビリティ

トレーサビリティとは、医療機器とその再処理記録を患者の使用状況と結びつけるために収集された文書です5,6。

このプロセスは、再処理の失敗、アウトブレイクやリコールが発生した場合の調査に不可欠であり、施設のリスク管理に役立ちます。トレーサビリティは、HLDや滅菌処理を行うセミクリティカルおよびクリティカルな医療機器に必要です。

米国の認定機関(合同委員会など)は、証拠に基づく基準とガイドラインに準拠したトレーサビリティプロセスを模索しています。 米国国家規格協会および周術期登録看護師協会によると、以下のデータを収集してリンクする必要があります。5,6

  • デバイスのIDと説明
  • HLDの日付と時間
  • HLDを行う人
  • HLDのロット番号
  • HLDの保存期間の日付
  • HLDの起動日
  • HLDの再使用期間の日付
  • HLDのサイクル番号
  • テストストリップ/MEC/MRCの検査結果
  • 温度
  • 曝露時間
  • 失敗したリプロセッシングサイクル
  • 失敗した再処理サイクル
  • 機器が使用された患者ID
  • 処置を行う医師

上記のデータの一部またはすべてを自動収集することで、ワークフローの合理化、データの安全性と完全性の確保、記録保持における人為的なエラーのリスクの最小化に役立ちます。

AcuTrace® による自動化されたトレーサビリティーについて詳しく知る


化学物質への曝露の軽減

どのような医療環境においても、スタッフと患者を化学物質の暴露リスクから保護することが重要です。 自動化された密閉システムは、化学物質の暴露を軽減し、スタッフの健康と安全を向上します。1

trophon®2 による化学物質曝露リスクの軽減についての詳細

trophonファミリーは、超音波過酸化水素の同じコア技術を共有するtrophon®EPRとtrophon2を含みます。

  1. Ofstead CL, et al. Gastroenterol Nurs. 2010; 33(4):304-11.
  2. Buescher DL, et al. Ultrasound Obstet Gynecol 2016;47(5): 646-651.
  3. Leroy S, et al. J Hosp Infect 2013;83(2): 99-106.
  4. Ngu, A., et al. Infect Control Hosp Epidemiol 36(5): 1-4.
  5. AAMI ST58:2013 Chemical sterilization and high-level disinfection in health care facilities.
  6. AORN 2018. 高水準消毒。 「AORN周術期処置のガイドライン」 Denver, CO: AORN, Inc; 2018.
Next
ガイドライン