超音波の臨床使用

超音波検査はほぼすべての診療部門で、ますます多くの医療処置に使用されています。

超音波の利点と臨床使用

超音波は他の画像診断法に比べて多くの利点があるため、医療の現場で広く使われるようになりました。

  • 電離放射線を使用しない
  • 患者ベッドサイドで使用できる
  • 画像情報をリアルタイムで取得できる
  • 画像診断部門以外でも容易に使用できる
  • 幅広い医療従事者が使用できる

プローブを皮膚や粘膜に当てて使用します。プローブ先端のウィンドウ部分から音のエネルギーを放出して、細胞組織を検出し、スクリーン上に内部構造の画像を生成します。

 

感染管理担当者を対象とした米国の全国調査では、調査対象となったすべての診療部門で超音波検査が使用されていました(図1)1

超音波の使用が拡大するにつれ、超音波プローブの消毒方法を標準化する必要性が高まっています。標準化することで、すべての患者さんにベストなケアを提供することができます。

図1. Carrico(2018年)1からの引用。調査対象となった全ての部門で超音波が使用されていた。


体表用超音波プローブを使用する処置

  • 創傷スキャン(火傷・褥瘡の診断など)
  • 組織内に挿入された医療器材の視覚化(生検等の経皮的インターベンションなど)
  • 手術中の無菌組織のスキャン(外科手術中など)


体腔内超音波プローブを使用する処置

  • 経膣(TV)超音波検査
  • 経直腸(TR)超音波検査
  • 経膣採卵や経直腸前立腺生検などでの穿刺ガイド
「HPVをその場で死滅させることができる高水準消毒を提供できることは、まったく素晴らしいことです。 時間を大幅に節約し、装置の安全なリプロセッシングを可能にします。」
Sylivia Ford, MS, RN, CIC
感染予防看護師
The University of Kansas Health System (TUKHS) USA

超音波プローブの消毒

このように多くの処置で使用される超音波プローブは、交差感染のリスクを軽減するために使用前の適切な消毒が必要です。

スポルティング分類には、超音波プローブをどのように使用するかに応じた消毒方法が示されています。

超音波プローブを高水準消毒(HLD)するタイミングについては、こちらをご覧ください

  1. Carrico RM, et al. Am J Infect Control. 2018;46(8):913-20.
Next
trophon®2