医療関連感染(HAI)

消毒の行き届いていない超音波プローブが1本あるだけで、患者さんは交差感染のリスクにさらされます。

医療関連感染(HAI)は医療現場での患者の治療に関連する感染であり、患者の入院時にはもともと存在していなかったものを指します。1 これは、患者が医療機関での滞在や治療によって新たに感染したことを意味します。


最も頻発する医療上の有害事象

HAIは世界で最も頻繁に発生する医療有害事象であり、その発生率は約7~10%です。2,3

HAIに感染した患者は、肉体的にも精神的にも深刻な影響を受ける可能性があります。1 また、医療機関や医師は、施設に関連したHAIが発生することで、金銭的な損害だけでなく風評被害も受ける可能性があります。


HAIは医療機関に多大なコストをもたらす

HAIは、医療を提供するためのコストを大幅に増加させます。4 日本における23件の薬剤耐性細菌アウトブレイク事例の分析から、アウトブレイク管理に伴う生産性の低下による経済的損失は、予防対策のコストよりもはるかに大きいことがわかりました。4

HAIは予防可能

最近日本で行われた前向き多施設横断調査では、7.4%の患者に活動性HAIが認められました。5

系統的レビューとメタ解析により、多面的な感染予防・制御介入により、国の所得水準に関わらず35~55%のHAIが予防可能であることが明らかになりました。6


医療機器を原因とするHAI

医療機器の滅菌・消毒は、HAIの予防に重要な役割を果たします。 複数の調査において医療機器再処理の不備が報告されており、そのいくつかはアウトブレイクにつながっています。7-9

 

スコットランドにおける疫学的調査:超音波検査後の感染リスク

英国の国立保健当局(スコットランド)が主導した調査では、超音波検査後の感染における「許容できないリスク」が明らかとなりました。 この調査では、体腔内超音波検査を受けた患者群では検査30日後までの感染リスクが有意に高いことが明らかになりました。10

調査の時点では、施設の90.5%がこれらの超音波プローブの高水準消毒(HLD)を行っていませんでした。


公衆衛生リスクの現実

この調査の対象となった982,911人の患者のうち、330,500人が婦人科系の患者でした。
そのうち60,698人が経膣超音波検査を受けていました。

国家保健当局は現在、腔内超音波プローブにHLDを推奨しています。

経膣超音波検査後の感染リスクの増加率は驚くべきものでした:10

 

国立保健当局は現在、腔内超音波プローブにHLDを推奨しています。


医療機器を原因とするHAIの予防

スポルディング分類では、医療機器の患者組織への接触レベルに基づいて医療機器に必要な消毒または滅菌のレベルを指定しています。

スポルディング分類は、国際的な超音波プローブ再処理ガイドラインの基礎となっています。

国際的には各国の保険当局や学会が、患者をHAIから守るため、スポルディング分類に基づいた超音波プローブの適切な再処理に関するガイドラインを提供しています。

超音波プローブを高水準消毒(HLD)するタイミングについては、こちらをご覧ください。

超音波プローブの不適切な再処理による感染リスクについては、こちらをご覧ください。

  1. World Health Organization (WHO) 2020. 感染の予防と管理。 医療関連感染の世界的な負担。 2020年にアクセスしたウェブページ:https://www.who.int/infection-prevention/publications/burden_hcai/en/
  2. Currie K, et al. Am J Infect Control. 2018;46(8):936-42.
  3. WHO. Healthcare Associate Infections Fact Sheet. 2020年10月にオンラインでアクセス:https://www.who.int/gpsc/country_work/gpsc_ccisc_fact_sheet_en.pdf
  4. Morii D, et al. Am J Infect Control. 2020 Oct;48(10):1195-1199.
  5. Komagamine J et al. BMJ Open. 2019 Jun 28;9(6):e027604
  6. Schreiber PW, et al. Infect Control Hosp Epidemiol. 2018;39(11):1277-95
  7. WHO 2016. Decontamination and Reprocessing of Medical Devices for Health-care Facilities.
  8. CDC 2008. Guideline for Disinfection and Sterilization in Healthcare Facilities.
  9. Rutala WA, Weber DJ. Infect Dis Clin North Am. 2016 Sep;30(3):609-37.
  10. Scott D et al. Ultrasound 2018;26(3): 168-177.
Next
超音波検査の感染リスク