医療機器の再処理

クリーニング、消毒、保管、追跡

これらのステップは、超音波プローブを含む医療機器のリプロセッシングを問題なく行うために不可欠です。


クリーニング

洗浄とは一般的に、機器の表面に付着した汚れ(血液、タンパク質、微生物など)を物理的に除去し、安全な取り扱いやさらなる再処理に備えることと定義されます。

クリーニングは、汚れがその後の消毒プロセスを妨げないようにするための、再処理の重要かつ必須のステップです。

 


消毒

消毒は、医療機器を介して次にそれを使用する患者への感染を予防するため、微生物を殺滅する手順です。

どの消毒レベルを採用すべきかを示すスポルディング分類に従って判断することが重要です。それぞれ異なる有効性スペクトルを持つ異なる消毒レベルがあります。 手順に先立ち、プローブの使用中、何に接触するかに応じて、スポルディング分類を適用する必要があります。

trophon®2を使用した高水準消毒(HLD)についてはこちら 

 


保管

再処理された医療機器の再汚染を防ぐために、適切な保管が必要です。清潔で乾燥しており、極端な熱や紫外線を避けて保管するなど、標準的な保管条件を守る必要があります。

高水準消毒された超音波プローブは、ラベルを付け、使い捨ての保管用カバーに入れて保管するか、保護のために最も良いのは専用のキャビネットに保管することです。

trophonクリーン超音波プローブカバーの詳細はこちら


トレーサビリティ

トレーサビリティとは、医療機器とその再処理記録を患者の使用状況と結びつけるために収集された文書です5,6

このプロセスは、再処理の失敗、アウトブレイクやリコールが発生した場合の調査に不可欠であり、施設のリスク管理に役立ちます。トレーサビリティは、HLDや滅菌処理を行うセミクリティカルおよびクリティカルな医療機器に必要です。

AcuTrace®によるトレーサビリティーの詳細はこちら 


超音波プローブの再処理の各段階

米国および国際的なガイドラインでは、超音波プローブからの感染リスクから患者を保護するために、これらのステップの必要性が認められています。超音波プローブ再処理の各ステージの詳細については、これらのガイドラインを参照してください。

音波プローブ再処理の各段階についての詳細は、こちらからダウンロードしてください

Next
HLDをいつ行うか